マツダ新型3列シート大型SUV「CX-80」発売日は?気になる価格帯やデザイン、パワートレインはどうなる?

当ページのリンクには広告が含まれています。
マツダ新型CX-80

マツダが新たに展開するSUV戦略に大注目!特に、2024年にデビューを飾る新型CX-80は、その先鋭的なデザインと圧倒的な性能で、私たちの自動車に対する期待を大きく変えることでしょう!

新しい3列シートSUVか!楽しみだね~

この記事では、新型CX-80の魅力的な特徴、環境への配慮を考慮したパワートレイン、そしてその価格帯から、マツダのSUV市場における戦略的な位置づけまで、網羅的にご紹介します!

>>【評判は嘘!?】MOTA一括査定やってみた!口コミ・評判・レビューは本当か?検証します。

スポンサーリンク
目次

マツダ新型CX-80の魅力と発売への期待

新型CX-80の基本情報と予定発売日

  • 発売予定は2024年2月か
  • マツダの新しいフラッグシップSUV
  • 3列シートを採用
  • 上級車用プラットフォームを使用

マツダが展開する新型CX-80は、2024年2月の発売が予定されています。

この車はマツダの新しいフラッグシップSUVとして位置づけられ、多くの自動車愛好家から注目を集めています。特に注目されるのは、3列シートレイアウトの採用と、新開発された上級車用プラットフォームの使用です。

これにより、広い室内空間と優れた走行性能が期待されています。また、デザインにおいても、マツダの最新のブランドデザインが採用され、洗練された外観が予想されます。

マツダ新型CX-80の主な特徴

  • 新世代SUVとしての進化
  • 多様なエンジンオプション
  • 先進の安全技術
  • 最新の内装デザイン

内装とか超高級感あるだろうな~

新型CX-60インパネ
マツダ新型CX-60のインパネ

新型CX-80は、新世代SUVとしてさまざまな進化を遂げています。エンジンオプションには、2.5LガソリンPHEVモデルや直列6気筒3.3Lディーゼルエンジンなどが設定され、優れた走行性能を実現します。

安全技術においては、「コ・パイロットコンセプト」や「ドライバー異常時対応システム(DEA)」などが採用され、最新の安全基準に対応しています。

内装に関しても、最新のデジタルメーターや大型のインフォテインメントシステム、高級感あふれるデザインが特徴です。これらの特徴は、新型CX-80が提供する快適な乗り心地と上質な体験を約束しています。

あわせて読みたい
【評判は嘘!?】MOTA車買取り一括査定 実際にやってみた!口コミは本当か?検証します。 この記事では実際に私が一括査定を利用して、車を下取りしてもらったレビューを記していきたいと思います。(世に出回っているMOTA車買取査定の口コミ評判の検証記事で...

マツダ新型CX-80の先進的デザインと印象的なスペック

新型CX-80の外装デザインの特徴は

  • 新世代プラットフォームに基づくスタイリッシュなデザイン
  • 伸びやかなフロントノーズと重心を下げたダイナミックな外観
  • スポーティかつ広々としたリアデザイン

マツダ新型CX-80は、新世代のプラットフォームをベースに、スタイリッシュでダイナミックな外装デザインを特徴としています。フロント部分は縦置きエンジンのために伸びやかなノーズデザインを採用し、全体の重心を下げることで上質感を強調しています。

新型CX-60エクステリア
新型CX-60のエクステリア

リアデザインは、ウィンドウの傾斜を利用したスポーティなスタイルとしながら、ボディサイズの拡大により広い室内空間を確保しています。これらの要素は、マツダ新型CX-80の洗練された外観を際立たせています。

新型CX-80のボディサイズと内装の特徴

  • 全長4990mm、全幅1890mm、全高1720mmの大型ボディ
  • 広々とした室内空間と高級感ある内装デザイン
  • 最新のデジタルメーターやインフォテインメントシステム

新型CX-80のボディサイズは、全長4990mm、全幅1890mm、全高1720mmという大型の寸法を持っており、室内空間は広く快適です。

内装デザインは、高級感を持ちながらも実用性を兼ね備えており、ファミリーや長距離ドライバーにも優れた居住性を提供します。最新のデジタルメーターや大型インフォテインメントシステムを採用し、ドライバーや乗員に対して豊富な情報と快適な車内体験を提供します。

これらの特徴は、新型CX-80が実用性とラグジュアリー感を兼ね備えたSUVであることを示しています。

新型CX-80のパワートレインとスペック

  • 直列4気筒2.5LガソリンPHEVと直列6気筒3.3Lディーゼルターボ
  • 独自開発の8速ATと電子制御多板クラッチを使用した4WDシステム
  • 先進的な燃焼技術と高い燃費効率
新型CX-80

マツダ新型CX-80は、直列4気筒2.5Lガソリンエンジンと電気モーターを組み合わせたPHEVモデル、ならびに直列6気筒3.3Lディーゼルターボエンジンを搭載することで、高い走行性能を実現しています。

至れり尽くせりのラインナップだね!

トランスミッションには、独自開発の8速ATを採用し、伝達効率と冷却性能を高めています。また、電子制御多板クラッチを使用した4WDシステムにより、優れたトラクションと安定した走行を提供します。

これらのパワートレインとスペックは、新型CX-80が先進的な技術を採用し、快適かつ効率的な走りを実現していることを示しています。

あわせて読みたい
車一括査定のしつこい電話とはおさらば?2つの対処法を紹介します! 車一括査定サービスを利用するとき、ネガティブに感じるイメージは「しつこい電話」「鳴りやまない電話」といったものでしょう。 確かにあまり良いイメージを持ってない...

マツダ新型CX-80の最先端安全技術と先進装備

「コ・パイロット」を含む安全システム

  • 「コ・パイロットコンセプト」に基づく先進安全技術
  • ドライバー異常時対応システム(DEA)の採用
  • 歩行者認識と自動ブレーキ機能

新型CX-80は、「コ・パイロットコンセプト」に基づいた先進の安全技術を搭載しています。このシステムは、ドライバーの体調変化や居眠りを検知し、異常を感知した際にはアラームで警告を行い、反応がない場合には車両を停止させて安全を確保する「ドライバー異常時対応システム(DEA)」を含んでいます。

さらに、夜間の歩行者認識能力を高めた自動ブレーキや、アダプティブLEDヘッドライト、アダプティブクルーズコントロールなども装備されており、安全性の面でも高い水準を提供します。

新装備の概要と内装デザイン

  • 最新のインフォテインメントシステム
  • ドライバー・パーソナライゼーション・システム
  • 高級感あふれる内装と快適な乗り心地

新型CX-80の内装は、最新のインフォテインメントシステムやデジタルメーターを採用しており、ドライバーに多彩な情報をわかりやすく提供します。

また、「ドライバー・パーソナライゼーション・システム」は、ドライバーの体格や好みに合わせてシートやステアリング、ヘッドアップディスプレイ、ドアミラーの位置を自動調整する機能を備えており、個々のドライバーに最適化された運転環境を提供します。

デザインだけじゃなくて装備面でも高級感がありそうだね!

マツダ新型CX-80の優れた燃費とエコ性能

新型CS-80 ガソリン/ディーゼル/PHEVの燃費性能

  • 2.5Lガソリンモデル 11.5km/L
  • 3.3Lディーゼルモデル 15.0km/L
  • プラグインハイブリッドモデル 18.5km/L(ハイブリッドモード時)
マツダエンジン

新型CX-80の燃費性能は、エンジンの種類によって異なります。

2.5Lガソリンモデルは、11.5km/Lの燃費を実現しており、都市部でも効率的な運転が可能です。3.3Lディーゼルモデルでは15.0km/Lと、より高い燃費効率を提供し、長距離のドライブに適しています。

特に注目すべきは、プラグインハイブリッドモデルの18.5km/L(ハイブリッドモード時)という優れた燃費性能で、環境への影響を考慮したエコドライブを実現しています。

環境対応技術の進化

  • プラグインハイブリッドシステムの採用
  • 燃焼効率と排出ガス低減のための技術革新
  • 電気駆動の効率化と回生ブレーキシステム

新型CX-80は、環境対応技術の面でも大きな進化を遂げています。プラグインハイブリッドシステムを採用することで、電気モーターのみでの走行が可能となり、都市部でのCO2排出量を削減します。

また、燃焼効率の向上と排出ガスの低減を目指した技術革新がなされており、よりクリーンな走りを実現しています。電気駆動の効率化と回生ブレーキシステムの採用により、燃料の有効利用とエネルギーの回収が可能となっています。

これらの技術は、環境への配慮と持続可能性を重視する現代の自動車市場において、新型CX-80の魅力を一層高める要素となっています。

あわせて読みたい
【新古車のメリットとデメリット】利口な人ほど新古車(未使用車)を買っている? 知っていますか? 最近では利口な人ほど、新車と何ら変わらないお得な新古車を購入しているんです! 2023年12月の新車登録台数は前月比88.3%、中古車登録台数は前月比10...

マツダ新型CX-80の価格設定と豊富な購入オプション

新型CX-80の日本仕様パワートレインの価格帯

  • 2.5Lガソリンモデル 約330万円から
  • 3.3Lディーゼルターボモデル 約360万円から
  • 3.3Lディーゼルターボ+マイルドハイブリッド 約535万円から
  • 2.5LガソリンPHEVモデル 約570万円から

新型CX-80は、日本市場において幅広い価格帯で提供されており、異なるニーズに応える様々なモデルが用意されています。エントリーレベルの2.5Lガソリンモデルは約330万円からと、手頃な価格帯で販売されています。

よりパワフルな3.3Lディーゼルターボモデルは約360万円からの価格設定で、パフォーマンスを重視するユーザーに適しています。また、マイルドハイブリッド機能を備えたモデルは約535万円から、プラグインハイブリッドモデルは約570万円からとなっており、環境性能と走行性能を高めたモデルを選ぶことができます。

CX-8と比べると高い価格設定にはなっちゃうよね~

価格と装備のバランス

新型CX-80は、価格帯ごとに異なる装備オプションが用意されており、消費者は予算に応じて最適なモデルを選択することができます。

基本モデルでは、必要最低限の機能と快適性を備えつつ、手頃な価格で提供されています。一方、上位モデルでは、高度な安全機能、先進的なインフォテインメントシステム、豪華な内装など、より多くのプレミアム機能を備えています。

購入者は、安全性や快適性、燃費性能などの優先順位に応じて、さまざまなオプションから選択できるため、個々のニーズに合わせたカスタマイズが可能です。このように、新型CX-80は価格と装備のバランスがよく取れており、多様な消費者層にアピールする設計となっています。

マツダの進化するSUV市場戦略とCX-80の重要役割

マツダの新しいSUV戦略とその影響

  • 多様化する市場ニーズへの対応
  • 環境意識の高い製品ラインナップ
  • グローバル市場でのブランド力強化

マツダは、新しいSUV戦略を通じて、多様化する市場ニーズに対応しています。

この戦略の一環として、異なるサイズや性能を持つ多様なSUVモデルを展開し、消費者の様々な要求に応えることを目指しています。また、環境意識の高まりを受けて、エコフレンドリーなパワートレインオプションを提供することで、持続可能な自動車開発に貢献しています。

これらの取り組みは、グローバル市場におけるマツダのブランド力を強化し、より広範な顧客層を引き付けることに貢献しています。

ブランド力を強化してる感じは伝わってきますね!

マツダにおけるCX-80の位置づけ

新型CX-80は、マツダのSUVラインナップにおいて、上級車種としての重要な役割を担っています。このモデルは、最新の技術と洗練されたデザインを組み合わせ、ラグジュアリーSUVセグメントにおいてマツダの存在感を高めることを目的としています。

CX-80の登場により、マツダは広範な顧客層をカバーする多様なSUVオプションを提供し、ブランドの魅力を一層強化しています。さらに、新型CX-80の革新的な設計と環境性能は、マツダの先進性と持続可能性に対するコミットメントを強調しています。

とにかく発売を楽しみに待ちましょう!!

あわせて読みたい
【車一括査定サイト!おすすめ3選】8社を徹底比較|車を高く売りたい人必見 自分の愛車を高く売りたいなら、絶対にNGなことは 何も考えずディーラーで下取りをお願いしてしまうこと どことも比較せず近所の買取店で売ってしまうこと この2つです...

>>【評判は嘘!?】MOTA一括査定やってみた!口コミ・評判・レビューは本当か?検証します。

スポンサーリンク

おすすめ記事一覧

ASIA CARS 株式会社
第431080053623号 埼玉県公安委員会

\ 東京&埼玉エリアでの【高額】買い取り査定ならお任せください/

【監修】ASIA CARS 株式会社
ASIACARS株式会社では10年以上クルマ販売の最前線で培った知識を活かし、お客様に後悔のないクルマ選びを提案させて頂いています。お車の買取から、お客様のライフスタイルに沿ったクルマ選びのお力になれたら幸いです。
マツダ新型CX-80

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次