新型ベルランゴのマイナーチェンジはいつ?日本発売は未定だが、欧州でモデルチェンジ実施!!

当ページのリンクには広告が含まれています。
新型ベルランゴマイナーチェンジ

“新型ベルランゴ”が遂にマイナーチェンジで登場!欧州でモデルチェンジ実施!!この記事では、魅力溢れる「ベルランゴ」の最新アップデートについて解説します。

おおおっと!日本でもマイナーチェンジ実施するのかな??

電気自動車(EV)として進化を遂げた「e-ベルランゴ」のラインナップ、洗練されたデザイン、先進的な機能性、そして快適性を追求したインテリアまで、細部にわたってご紹介。シトロエンの伝統と革新が融合したこのモデルの魅力を、ぜひご覧ください。新しいドライブの形を、新型「ベルランゴ」と共に体感しましょう!

>>【評判は嘘!?】MOTA一括査定やってみた!口コミ・評判・レビューは本当か?検証します。

スポンサーリンク
目次

シトロエン「ベルランゴ」のマイナーチェンジと欧州での新型登場

シトロエン「ベルランゴ」の歴史と進化

  • 1996年に初代モデル発売
  • 2008年に2代目、2018年には3代目へフルモデルチェンジ
  • 日本での人気と進化の歴史
新型ベルランゴマイナーチェンジ2024
新型ベルランゴマイナーチェンジ2024

シトロエン「ベルランゴ」は1996年にデビューし、以来、欧州MPV市場での主要プレイヤーとして進化を遂げてきました。2008年には2代目、2018年には3代目へとフルモデルチェンジされ、日本市場でも高い人気を博し続けています。

日本でもベルランゴは大人気車種になったね!

日本では2019年にデビューを果たし、オンライン予約の反響も大きく、国内販売台数の約半数を占めるほどのベストセラーモデルに成長しました。

新型「e-ベルランゴ」の特徴とデザイン

  • 電気自動車(EV)としての新型発表
  • 新しいフロントデザインとシトロエンの新ロゴ
  • シトロエン独自のライトシグネチャー
新型ベルランゴマイナーチェンジ
新型ベルランゴマイナーチェンジ

新型「e-ベルランゴ」は、電気自動車(EV)として、改良されたエクステリアと新たなデザインアイデンティティが特徴です。

いちいちカッコイイよね!!

フロントフェイスは完全に新設計され、中央に配置された新しいシトロエンの楕円形ロゴや、ストライプのブラックグリルが目を引きます。また、新しいライトシグネチャーが新型ベルランゴの個性を強調しています。

内装の改良と新機能|10インチのセンタータッチスクリーン

  • ダッシュボードの新設計
  • 10インチのセンタータッチスクリーンとデジタルインストルメントクラスター
  • 未来感のあるインテリア
新型ベルランゴマイナーチェンジ内装
新型ベルランゴマイナーチェンジ内装

内装に関しても大幅な改良が施されています。新しく設計されたダッシュボードは、10インチのセンタータッチスクリーンとデジタルインストルメントクラスターを組み合わせ、使用しやすさと未来的な雰囲気を提供します。

「アドバンスドコンフォートシート」の導入

  • シトロエン独自の高品質フォーム採用
  • 快適なドライビング体験
  • サイドサポート機能
新型ベルランゴマイナーチェンジ内装
新型ベルランゴマイナーチェンジ内装

フロントシートには、シトロエン独自の「アドバンスドコンフォートシート」が初めて採用されました。高品質なフォームとサイドサポートを備え、長時間のドライブでも快適さを保つことができます。

バリエーションとボディタイプ

  • 標準モデルとロングバージョンの提供
  • 多様なニーズに対応するモデル選択
  • 荷室長とトランク容量の拡大
新型ベルランゴマイナーチェンジ

ベルランゴは、全長4.4mの標準モデルと全長4.75mのベルランゴロングを提供し、さまざまなニーズに対応しています。これにより、選択の幅が広がり、使用目的に応じた最適な車種を選べます。

日本ではSサイズミニバンの選択肢として人気あるよね!


この新型ベルランゴのマイナーチェンジは、デザインの進化と機能的な改良が特徴です。電気自動車(EV)としての新型モデルの登場は、今後の市場動向に大きな影響を与えることでしょう。

日本でのマイナーチェンジはいつ?

日本でのマイナーチェンジは未定

  • 日本での発表時期はまだ発表されていない
  • 欧州でのマイナーチェンジを受けての期待高まる
  • 国内市場への影響と期待
新型ベルランゴマイナーチェンジ
新型ベルランゴマイナーチェンジ

日本でのシトロエン「ベルランゴ」のマイナーチェンジに関する具体的な発表時期はまだ発表されていません。しかし、欧州でのマイナーチェンジを受けて、国内市場でも新型モデルへの期待が高まっています。国内市場での人気と影響力を考えると、日本での発表は業界内外で注目されるでしょう。

早く日本でも発売してほしい

  • 日本市場での人気と期待
  • 消費者の期待感
  • 新型モデルへの関心

いやーマジで期待感半端ないっす!!!

日本市場におけるシトロエン「ベルランゴ」の人気は非常に高く、新型モデルの発売に対する期待感は大きいです。消費者からの関心も高く、特に改良された機能やデザインへの期待は大きいと言えます。

予想は2024年春あたりか?

  • 業界の動向と予測
  • 欧州での発売時期を考慮した予想
  • 市場の期待と予測

現時点での予想として、日本での新型「ベルランゴ」のマイナーチェンジは2024年春頃になる可能性があります。これは、欧州での発売時期と国内市場の準備状況を考慮したものです。業界内外の期待を踏まえると、具体的な発表が待ち遠しい状況です。

新型ベルランゴマイナーチェンジ
新型ベルランゴマイナーチェンジ


日本市場におけるシトロエン「ベルランゴ」のマイナーチェンジは、まだ正式な発表はありませんが、業界内外からの関心は非常に高いです。新型モデルの登場により、日本の自動車市場に新たな動きが期待されます。

新型「e-ベルランゴ」EVのラインナップも!

LFPバッテリーと航続距離は最大320km

  • 50kWhのLFP(リン酸鉄リチウム)バッテリー採用
  • 航続距離は最大320km
  • 従来型比で約20%の航続距離向上
新型ベルランゴマイナーチェンジ
新型ベルランゴマイナーチェンジ

新型「e-ベルランゴ」は、50kWhのLFP(リン酸鉄リチウム)バッテリーを採用し、航続距離を大幅に向上させています。WLTPモードで測定された最大320kmの航続距離は、従来型に比べて約20%の向上を実現しており、日常の利用から長距離ドライブまで幅広いニーズに応えられるようになっています。

充電オプションと時間|0~80%充電はわずか30分

  • 最大100kWの急速充電対応
  • 0~80%充電はわずか30分
  • 7.4kW車載充電器と11kWの三相家庭用充電器のオプション

ベルランゴもEV化になってしまったね!

充電面では、最大100kWの急速充電に対応し、0から80%までの充電がわずか30分で完了します。また、7.4kWの車載充電器と、より強力な三相11kWの家庭用充電器もオプションとして提供されており、充電の利便性と速度が向上しています。

5色のボディカラーと16インチまたは17インチのホイール選択

  • 新しい楕円形エンブレムと3セグメントLEDライト
  • フロントグリルの小型化とエアバンプ装備
  • 5色のボディカラーと16インチまたは17インチのホイール選択
新型ベルランゴマイナーチェンジ
新型ベルランゴマイナーチェンジ

スタイリングでは、新しい楕円形エンブレムや3セグメントLEDライトを採用しており、より洗練されたデザインを実現しています。フロントグリルは小型化され、サイドにはエアバンプを装储。

日本で販売開始されれば、間違いなく売れますよーーー

カオリンホワイト、ペルラネラブラック、スチールグレー、キアマブルー、シルッカグリーンの5色のボディカラーが用意され、16インチまたは17インチのホイールから選択可能です。
新型「e-ベルランゴ」は、先進的な電動ミニバンとしての地位を確立し、そのラインナップの多様性と機能性の向上が特徴です。これらの要素は、日常からレジャーまでのあらゆるシーンでの活躍が期待されるモデルです。

新型「ベルランゴ」のマイナーチェンジまとめ!!

フロントフェイスとライトシグネチャーの刷新

  • 完全に新設計されたフロントフェイス
  • 新しいシトロエンの楕円形ロゴの採用
  • 特徴的なシェブロンパターンのブラックグリル
新型ベルランゴマイナーチェンジ
新型ベルランゴマイナーチェンジ

新型「ベルランゴ」は、フロントフェイスを完全に新設計し、ブランドの新たなビジュアルアイデンティティを採用しています。中央に配置された新しい楕円形のシトロエンロゴと、その両側に存在感を放つシェブロンパターンのブラックグリルが、車の顔を一新しました。また、シトロエンの新しいライトシグネチャーが、独特の個性を演出しています。

エクステリアのSUV要素とアルミスキッドプレート

  • 垂直のバーと2本の水平バーを備えた新しいデザイン
  • SUVらしさを演出するアルミのスキッドプレート
  • デザインと機能性を兼ね備えた外観
新型ベルランゴマイナーチェンジ
新型ベルランゴマイナーチェンジ

新型「ベルランゴ」のエクステリアには、SUVらしさを演出する要素が取り入れられています。フロントバンパー中央部にはアルミのスキッドプレートが装備され、より頑丈で冒険的な外観を提供しています。これらのデザインは、都市部からアウトドアまで幅広いシーンにマッチする機能性とスタイルを提供します。

インテリアの使い勝手と未来感の追求

  • 新設計されたダッシュボード
  • 10インチのセンタータッチスクリーンとデジタルインストルメントクラスター
  • 現代的で未来的なインテリアデザイン
新型ベルランゴマイナーチェンジ内装
新型ベルランゴマイナーチェンジ内装

インテリアでは、新設計されたダッシュボードが目を引きます。10インチのセンタータッチスクリーンとデジタルインストルメントクラスターが組み合わされ、使い勝手と未来感を追求したインパネが形成されています。これにより、運転中の操作性が向上し、乗り心地の良さも格段にアップしています。
新型「ベルランゴ」のデザインと機能のアップデートは、モダンな外観と先進的な内装の融合を実現し、現代の自動車市場に新しい風を吹き込んでいます。

音声認識システムの改良

  • 改良された音声認識機能
  • 「自然に、流れるように、簡単」な操作
  • ドライバーの安全性と利便性向上
新型ベルランゴマイナーチェンジ

音声認識システムも大幅に改良されており、「自然に、流れるように、簡単」というコンセプトのもと、運転中の操作を簡素化し、ドライバーの安全性と利便性を向上させています。このシステムにより、視線を道路から逸らすことなく、必要な操作を行うことが可能です。

新デザインのステアリングホイール

  • 新たにデザインされたステアリングホイール
  • 底部がフラットな形状
  • オプションでヒーター付き
新型ベルランゴマイナーチェンジ内装
新型ベルランゴマイナーチェンジ内装

ステアリングホイールも新たにデザインされ、より現代的な外観と機能性を提供しています。特に底部がフラットな形状は、運転中の快適性を高めるだけでなく、スポーティな印象を与えます。さらに、オプションでヒーター付きのものを選ぶことも可能で、冬場の運転時にはこの機能が特に役立ちます。
新型「ベルランゴ」のインテリアと機能性は、現代のドライバーが求める快適性と高度なテクノロジーを巧みに組み合わせています。これにより、運転体験が一層向上し、日々の移動がより快適で安全なものとなることでしょう。

>>【評判は嘘!?】MOTA一括査定やってみた!口コミ・評判・レビューは本当か?検証します。

スポンサーリンク

おすすめ記事一覧

ASIA CARS 株式会社
第431080053623号 埼玉県公安委員会

\ 東京&埼玉エリアでの【高額】買い取り査定ならお任せください/

【監修】ASIA CARS 株式会社
ASIACARS株式会社では10年以上クルマ販売の最前線で培った知識を活かし、お客様に後悔のないクルマ選びを提案させて頂いています。お車の買取から、お客様のライフスタイルに沿ったクルマ選びのお力になれたら幸いです。
新型ベルランゴマイナーチェンジ

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次