新型ワーゲンバス「ID.BUZZ」日本の発売日は?ワーゲンバス復活は大注目のEVワゴン!航続距離や充電時間はどれくらい?

当ページのリンクには広告が含まれています。
ワーゲンバス新型ID.BUZZ

フォルクスワーゲンの伝説的な「ワーゲンバス」が新しい息吹で蘇る!2024年末、日本の道路に革新的なEV、新型「ワーゲンバス ID.BUZZ」が登場します!

マジで発売か!超楽しみだね!

この記事では、その魅力あふれる特徴、レトロなデザインから最先端技術までを丹念に解説していきます。

航続距離、充電時間、安全装備といった実用的な情報から、独特のボディサイズや市場価格に至るまで、新型ID.BUZZのすべてを見ていきましょう!

>>【評判は嘘!?】MOTA一括査定やってみた!口コミ・評判・レビューは本当か?検証します。

スポンサーリンク
目次

フォルクスワーゲン新型ID.BUZZの概要

新型ID.BUZZ

フォルクスワーゲン新型ID.BUZZ 日本での発売予定

  • 2024年末、日本での発売予定
  • 新型EVとしての注目度が高い
  • 環境への配慮と実用性を兼ね備えたモデル

フォルクスワーゲンの新型EV、「ID.BUZZ」は、2024年末に日本で発売予定です。

フォルクスワーゲン新型ID.BUZZ

これは2024年最大のトピックスだよ(笑)

この車両は、新時代の電気自動車として非常に注目されています。その理由は、最先端のEVテクノロジーと環境への配慮を兼ね備えている点にあります。

また、日本市場においては、その実用性と革新的なデザインが期待されています。これは、EVへの移行が進む中で、新たな選択肢として注目される理由です。

ID.BUZZ主力EVミニバンとしての位置付け

  • フォルクスワーゲンの主力EVミニバン
  • 先進的なデザインと機能
  • 多様な用途に対応可能なモデル
フォルクスワーゲン新型ID.BUZZ

フォルクスワーゲンはID.BUZZを、主力EVミニバンとして位置付けています。これは、その先進的なデザインと機能、そしてEVとしての性能が高く評価されているためです。

さらに、このモデルは家族のレジャー用途からビジネス用途まで、幅広く対応可能な設計が特徴です。日本市場においても、その多用途性と革新的なデザインが期待を集めています。

「ワーゲンバス」の復活としての意義

  • 歴史的な「ワーゲンバス」のデザイン要素を継承
  • 現代の技術と環境意識を反映
  • 新旧世代のファンに訴求

フォルクスワーゲン新型ID.BUZZは、かつての「ワーゲンバス」のデザインを現代的に再解釈したモデルです。

たまに今でもお洒落な人が乗ってるの見るよね!

この復活は、単なるデザインの再現に留まらず、現代の技術と環境意識を反映したものです。それにより、往年のファンはもちろん、新しい世代の消費者にも訴求することが期待されています。

この復活は、歴史的なデザインと最新技術の融合として、自動車業界における重要なマイルストーンとなる可能性があるでしょう!

あわせて読みたい
【評判は嘘!?】MOTA車買取り一括査定 実際にやってみた!口コミは本当か?検証します。 この記事では実際に私が一括査定を利用して、車を下取りしてもらったレビューを記していきたいと思います。(世に出回っているMOTA車買取査定の口コミ評判の検証記事で...

新型「ワーゲンバス」ID.BUZZのデザイン特徴

フォルクスワーゲン新型ID.BUZZ

外装デザイン レトロテイストの電気自動車

  • 1950年代の「ワーゲンバス」を思わせるデザイン
  • 2トーンカラーでのスタイリッシュな仕上げ
  • LEDマトリックスヘッドライト「IQ.LIGHT」の採用
フォルクスワーゲン新型ID.BUZZ

新型ID.BUZZの外装デザインは、1950年代の「ワーゲンバス」のデザインをモダンに再解釈しています。このレトロテイストは、世代を超えた魅力を放ちます。

特に、2トーンカラーの選択は、そのスタイリッシュさを際立たせる一方で、昔ながらのワーゲンの特徴を現代に蘇らせています。また、先進的なLEDマトリックスヘッドライト「IQ.LIGHT」の採用により、機能性とデザイン性を兼ね備えています。

内装デザイン リサイクル素材の採用とシンプルなデザイン

  • 環境配慮型のリサイクル素材を使用
  • シンプルかつモダンな内装デザイン
  • デジタルメーターとインフォテインメントディスプレイの採用
フォルクスワーゲン新型ID.BUZZ

ID.BUZZの内装デザインは、環境への配慮と現代的な美意識が融合しています。使用されるリサイクル素材は、環境に優しいだけでなく、質感や快適さも提供します。

想像とおりの先進的なデザインだね~

内装はシンプルながらも洗練されたデザインで、ユーザーに快適なドライブ環境を提供します。デジタルメーターとオプションで選択可能なサイズのインフォテインメントディスプレイは、機能性とデザイン性を高め、モダンな運転環境を実現しています。

新型「ワーゲンバス」ID.BUZZは、その外装と内装のデザインにおいて、レトロとモダンが見事に融合した電気自動車です。環境への配慮と美的センスが随所に見られ、多くのユーザーを魅了することでしょう!

新型「ワーゲンバス」ID.BUZZの価格と市場展開

新型ID.BUZZ

予想価格帯と競合モデルとの比較

  • 予想価格は約500万円から
  • 主力SUVモデル「ID.4」との価格比較
  • 競合する他ブランドEVモデルとの比較分析

新型「ワーゲンバス」ID.BUZZの予想される価格帯は、約500万円からとされています。これは、フォルクスワーゲンの別の主力SUVモデル「ID.4」と比較すると、類似の価格設定です。

この価格帯は、市場における他のEVモデルと比較しても競争力があると考えられます。特に、ID.BUZZのユニークなデザインと実用性を考慮すると、同価格帯の他ブランドEVモデルとの比較においても、独自の市場ポジションを確立できる可能性が高いです。

日本での発売時期と市場戦略

  • 2024年末の日本市場への導入予定
  • 70周年を記念した特別なマーケティング戦略
  • EV普及を促進するための環境づくり

新型「ワーゲンバス」ID.BUZZは、2024年末に日本市場に導入される予定です。このタイミングは、フォルクスワーゲンが日本市場に参入してから70周年にあたるため、特別なマーケティング戦略が期待されます。

フォルクスワーゲンは、この歴史的な節目を利用して、ID.BUZZの特性を強調し、ブランドのEVシリーズ全体の普及を促進する方針です。また、店舗での充電設備の拡張やコンシェルジュサービスの充実など、顧客がEVを快適に利用できる環境づくりにも注力しています。

新型「ワーゲンバス」ID.BUZZの価格設定と市場戦略は、その独自性とフォルクスワーゲンのブランド戦略に沿ったものです。日本市場での発売は、EVとしての魅力とともに、フォルクスワーゲンの歴史と未来を象徴する重要なステップとなります。

この戦略的な展開は、市場においてEVの普及を加速させるとともに、フォルクスワーゲンのブランド価値を高める機会となるでしょう。特に、ID.BUZZのユニークなデザインと機能性は、新しいEVユーザー層の獲得に貢献する可能性があります。

また、70周年を記念したマーケティング戦略は、既存のファンだけでなく、新たな顧客層にも訴求することが期待されます。このように、ID.BUZZの市場導入は、フォルクスワーゲンにとって重要なマイルストーンであり、日本のEV市場における新たな潮流を生み出す可能性があります。

あわせて読みたい
車一括査定のしつこい電話とはおさらば?2つの対処法を紹介します! 車一括査定サービスを利用するとき、ネガティブに感じるイメージは「しつこい電話」「鳴りやまない電話」といったものでしょう。 確かにあまり良いイメージを持ってない...

新型「ワーゲンバス」ID.BUZZのモデルバリエーションとボディサイズ

標準モデルとロングホイールベースモデルの比較

  • 標準モデルの寸法 全長4712mm、全幅1985mm、全高1937mm
  • ロングホイールベースモデルの寸法 全長4887mm、全幅1979mm、全高1895mm
  • ホイールベースの差異が室内空間に影響

新型ID.BUZZは、標準モデルとロングホイールベースモデルの2つのバリエーションが提供されます。

標準モデルは全長4712mm、全幅1985mm、全高1937mmで、日常の使用に適したサイズです。

一方、ロングホイールベースモデルは全長4887mm、全幅1979mm、全高1895mmとなり、より広い室内空間を提供します。

このホイールベースの違いにより、乗員の快適性や荷物の収納力に大きな影響を与えるため、ユーザーのニーズに応じた選択が可能です。

乗員配置と荷室の柔軟性

  • 標準モデル:最大6人乗り、荷室最大1121L
  • ロングホイールベースモデル:最大7人乗り、荷室最大2469L
  • シートの配置と取り外しによる柔軟な空間利用

ID.BUZZの標準モデルでは、最大6人の乗員配置が可能で、リアシートを倒すことで最大1121リットルの荷室スペースを確保できます。これは、日常の買い物から小旅行まで幅広い用途に対応する設計です。

対照的に、ロングホイールベースモデルは、最大7人乗りの配置が可能で、2列目と3列目を収納することで最大2469リットルの荷室スペースが得られます。

この大容量の荷室は、大きな荷物を運ぶ際や長距離の旅行に特に適しています。また、シートの配置と取り外しの柔軟性により、様々なライフスタイルに合わせた空間利用が可能となっています。

新型「ワーゲンバス」ID.BUZZのモデルバリエーションとボディサイズは、多様なユーザーのニーズに対応する設計となっています。標準モデルは日常使用に適したサイズと機能性を備え、ロングホイールベースモデルはより広い室内空間と荷室を提供し、大家族やアウトドア活動に最適です。

フォルクスワーゲン「ID.BUZZ」

どちらのモデルも、シートの柔軟な配置と取り外し可能性により、多目的に利用することができます。このような特性は、新型ID.BUZZをただのEVではなく、多用途に使える実用的な車両として際立たせています。

家族用車としての使用から、仕事での機材運搬やアウトドアアドベンチャーに至るまで、さまざまなシーンでの活用が期待されます。これにより、新型ID.BUZZは多様なライフスタイルにマッチする、実用性と快適性を兼ね備えたEVとして注目されています。

あわせて読みたい
【新古車のメリットとデメリット】利口な人ほど新古車(未使用車)を買っている? 知っていますか? 最近では利口な人ほど、新車と何ら変わらないお得な新古車を購入しているんです! 2023年12月の新車登録台数は前月比88.3%、中古車登録台数は前月比10...

新型「ワーゲンバス」ID.BUZZのパワートレインとスペック

標準モデルとロングホイールベースモデルのパワートレインの違い

  • 標準モデル 単一の電気モーター、204ps/31.6kgmの出力
  • ロングホイールベースモデル 選択に応じた電気モーター構成
  • パワーとトルクのバランスに注目

新型ID.BUZZの標準モデルは、単一の電気モーターを採用し、204馬力(ps)と31.6キログラムメートル(kgm)の出力を提供します。

この設定は、日常の使用に十分なパワーと効率を確保することを意図しています。一方、ロングホイールベースモデルでは、より多くの乗員や荷物を運搬する必要性に応え、異なる電気モーター構成が提供される可能性があります。

これにより、ロングホイールベースモデルは、より高いパワーとトルクのバランスを提供し、大きな負荷の運搬にも対応できることが期待されます。

RWD車とAWD車の性能

  • RWD車:後輪駆動、効率的な運転性能
  • AWD車:全輪駆動、向上したトラクションと安定性
  • 運転状況に応じた選択肢提供

ID.BUZZは、RWD(後輪駆動)とAWD(全輪駆動)の両方のオプションを提供します。RWD車は、効率的
な運転性能を提供し、一般的な道路条件での使用に適しています。RWDは、車両の重量配分を最適化し、燃費の効率を高めるのに役立ちます。

一方、AWD車は、全輪駆動によりトラクションと安定性が向上し、悪路や雪道などの厳しい運転状況での性能が優れています。AWDモデルでは、前後車軸にそれぞれ電気モーターを配置し、335馬力の出力を提供することが予想されます。これにより、AWD車はよりダイナミックな運転体験と、高い安全性を実現します。

新型「ワーゲンバス」ID.BUZZの航続距離と充電時間

フォルクスワーゲン「ID.BUZZ」

バッテリー容量と航続距離

  • 標準モデル 82kWhバッテリー、航続距離500km以上
  • ロングホイールベースモデル 91kWhバッテリー、航続距離拡張
  • 日常使用から長距離移動まで幅広くカバー

新型ID.BUZZのバッテリー容量と航続距離は、モデルによって異なります。

標準モデルは82kWhのバッテリーを搭載し、500km以上の航続距離を実現します。これにより、日常の通勤や買い物、さらには週末の小旅行など、様々なシナリオに対応できます。

一方、ロングホイールベースモデルは91kWhのバッテリーを搭載することで、さらに長い航続距離を提供し、長距離移動のニーズにも応えます。

充電時間と急速充電の対応

  • 充電時間は30分で80%まで急速充電可能
  • 最新の急速充電器に対応
  • 実用的な充電ソリューションの提供

ID.BUZZの充電時間は、最新の急速充電技術により効率的です。わずか30分でバッテリーを80%まで充電することが可能で、日常生活での利用において快適な充電体験を実現します。

また、この急速充電機能は、長距離移動中の充電ステーションでの短い休憩時間にも最適です。さらに、ID.BUZZは最新の急速充電器に対応しているため、利用可能な充電インフラストラクチャーが拡大する中で、さらに利便性が高まります。

ID.BUZZの航続距離と充電時間の特徴は、日常使いから長距離移動まで、幅広い用途に対応するための重要な要素です。長い航続距離と短時間での急速充電能力は、EVとしての実用性を大幅に高め、ユーザーにとっての利便性を向上させます。

これらの特性は、新型ID.BUZZを長距離ドライブや旅行にも適した選択肢として位置付け、EV市場における魅力的なオプションとしています。

新型「ワーゲンバス」ID.BUZZの安全装備と最新システム

新世代安全システムの搭載

  • レーンアシスト機能で車線維持をサポート
  • アダプティブクルーズコントロールで安全な車間維持
  • ドライバー異常時対応システムの採用

新型ID.BUZZは、安全性を最優先に考えた新世代の安全システムを搭載しています。レーンアシスト機能は、ドライバーが意図せず車線を逸脱するのを防ぎ、車線維持をサポートします。

さらに、アダプティブクルーズコントロールは、前車との安全な車間距離を維持し、長距離運転の疲労を軽減します。また、ドライバー異常時対応システムは、運転者が突然体調不良になった際に自動停止する機能を提供し、事故防止に寄与します。

被害軽減ブレーキなどの先進機能

  • 自律緊急ブレーキフロントアシストの搭載
  • 車線逸脱警報システムで安全運転を支援
  • カーブでの安定性を高めるブレーキサポート

ID.BUZZでは、衝突回避や被害軽減のために自律緊急ブレーキフロントアシストが搭載されています。このシステムは、前方の障害物を検知し、必要に応じて自動でブレーキをかけることで、衝突のリスクを減らします

また、車線逸脱警報システムは、ドライバーが意図せず車線を逸脱しそうになったときに警告を出し、安全運転を支援します。さらに、カーブでの安定性を高めるブレーキサポート機能も備えており、曲線道路での安全性を向上させます。

これらの先進的な安全装備とシステムは、新型ID.BUZZを運転する際の安全性を大幅に強化します。これらの機能は、特に都市部での運転や高速道路での長距離運転でその真価を発揮し、ドライバーと乗員の安全を確保するための重要な要素となります。新型ID.BUZZはこれらの最新安全技術を通じて、EV市場において安全性の高い車両として位置付けられることでしょう。

本当に日本で発売してくれるのか!
楽しみに待ちましょう!

あわせて読みたい
【車一括査定サイト!おすすめ3選】8社を徹底比較|車を高く売りたい人必見 自分の愛車を高く売りたいなら、絶対にNGなことは 何も考えずディーラーで下取りをお願いしてしまうこと どことも比較せず近所の買取店で売ってしまうこと この2つです...

>>【評判は嘘!?】MOTA一括査定やってみた!口コミ・評判・レビューは本当か?検証します。

スポンサーリンク

おすすめ記事一覧

ASIA CARS 株式会社
第431080053623号 埼玉県公安委員会

\ 東京&埼玉エリアでの【高額】買い取り査定ならお任せください/

【監修】ASIA CARS 株式会社
ASIACARS株式会社では10年以上クルマ販売の最前線で培った知識を活かし、お客様に後悔のないクルマ選びを提案させて頂いています。お車の買取から、お客様のライフスタイルに沿ったクルマ選びのお力になれたら幸いです。
ワーゲンバス新型ID.BUZZ

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次