新型ステップワゴンのおすすめグレード決定!後悔しないグレードを選ぶポイントを解説します

当ページのリンクには広告が含まれています。
新型ステップワゴンおすすめグレード

今回はホンダが誇るミドルサイズミニバン、新型ステップワゴンのおすすめグレードを紹介していきます!

ステップワゴンはファミリー層に絶大な支持があるオールマイティミニバンだよね!

今のモデルは2022年5月から発売開始となった6代目のモデル!ミニバンの老舗だね~

ずばり新型ステップワゴンのおすすめグレードはe:HEV SPADAで決まり!

SPADAなのでエアロ系のエクステリアデザインにはなりますが、内装装備の充実具合や使い勝手、満足度を総合的に考えると間違いなしのグレードです。

スポンサーリンク
目次

新型ステップワゴンのおすすめグレードはe:HEV SPADAで決まり!

今回新型ステップワゴンのおすすめグレードを選ぶにあたり想定した環境は、

  • 小さなお子さん(赤ちゃん)がいる家庭
  • 運動盛りのお子さんがいる家庭
  • お孫さんの為に購入を考えている祖父母様
  • アクティブに色々なところに遊びに行くカップル

このあたりのすべての人を魅了させることが出来るのが新型ステップワゴンです!

>>新型ステップワゴン全グレードの月々の支払額を確認する

e:HEV SPADAをおすすめグレードに選んだ理由

e:HEV SPADAをおすすめグレードに選んだ理由

  • 満足度の高い内装装備
  • 価格と装備面のバランスが丁度よいグレード
  • エコカー減税やリセールバリューを考えてのe:HEVモデル

このあたりが理由になりますかね~

まずやっぱり昨今のガソリン高やリセールバリューのこと、そしてエコカー減税のことを考えるとe:HEVモデルを購入しておこうと考えてしまいますね。

そして運転手はもちろんのこと、家族や同乗者の満足度が高い内装装備が揃っているe:HEV SPADA( 36,410,000円)を選ぶことになるという訳です!

実際に新型ステップワゴンを見てきましたー!

新たに3ナンバーとしてデビューした新型ステップワゴン。車体サイズが大きくなっただけではなく、内装のクオリティーが先代と比べ大幅にUPしています!

驚いた内装のクオリティー。ノアやヴォクシーがライバルというより、アルファードを意識してるのか?ってくらいの上質感を感じました。

もちろん室内の広さに文句なし。ナビも大型化し、インパネ周りも充実した内容になっています!

新型ステップワゴンの後悔しないおすすめグレードを選ぶポイント

新型ステップワゴンエクステリア

新型ステップワゴンのグレードを選ぶポイント

グレードによる価格の違い エントリーモデルは200万円台から

それでは新型ステップワゴンの価格別グレード一覧から見ていきます。

ガソリンモデル

  • AIR(FF)¥2,998,600
  • AIR(4WD)¥3,240,600
  • SPADA(FF)¥3,257,100
  • SPADA(4WD)¥3,477,100
  • SPADA PREMIUM LINE(FF)¥3,462,800
  • SPADA PREMIUM LINE(4WD)¥3,653,100

※その他にもガソリンモデルにはサイドリフトアップシート車や車いす仕様車の用意もあります。

e:HEVモデル(ハイブリッド)

  • e:HEV AIR(FF)¥3,382,500
  • e:HEV SPADA(FF)¥3,641,000
  • e:HEV SPADA PREMIUM LINE(FF)¥3,846,700

新型ステップワゴンの価格帯は2,998,600円~3,846,700円

エントリーモデルをぎりぎり200万円台にしてきたのは、ホンダの本気度が伺えるよ!

グレード毎に見ていくとガソリンモデルとe:EHVモデルの価格差は大体40万円くらいということがわかりますね!

ハイブリッド(e:HEV)とガソリンモデルの比較

新型ステップワゴン

ハイブリッドモデルとガソリンモデルの燃費差はどれくらい?

新型ノアのハイブリッドとガソリンの燃費比較(7人乗り2WD車)

ハイブリッド(e:HEV)モデルのWLTCモード燃費ガソリンモデルのWLTCモード燃費
19.5~20.0km/L13.1~13.9km/L

リッターで6kmくらいの差があるんだね~

  • 6km/Lくらいハイブリッド(e:HEV)の方が低燃費
  • 同グレードで40万円くらいハイブリッドの方が高い

ということになります。

ここはやっぱり予算に余裕がある場合はハイブリッドのe:HEVモデルを選びたくなっちゃうかな~

>>新型ステップワゴン値引き最新情報!毎月の支払額を減らす方法まで紹介!

他の同サイズミニバンの燃費と比較

ここで、新型ステップワゴンと同サイズの他メーカーライバル車の燃費とも比較しておきましょう。

ハイブリッドモデルのWLTCモード燃費ガソリンモデルのWLTCモード燃費
新型ステップワゴン23.0~23.4km/L15.0~15.1km/L
新型セレナ18.4~20.6km/L13.0~13.4km/L
新型ノア23.0~23.4km/L15.0~15.1km/L
新型ヴォクシー23.0km/L15.0km/L

こうやって見るとノアとヴォクシーの低燃費数値は凄いね!

ただの数字比べになってしまうので、現実的にこれがどこまで大事かは微妙ですが(笑)

全ての車種が低燃費化はされていて、新型ステップワゴンと新型セレナが同じくらいの燃費数値ということになりますね!

>>新型ステップワゴン全グレードの見積もりと乗り出し価格を確認する

グレードによる内装の違い 明らかに高級感は変わる

続きまして、グレードによる内装の違いを見ていきます。

まずはコックピットと内装シートから。

新型ステップワゴンAIRのコックピット&内装シート

カラーはグレートブラックの2タイプあります。

STEP WGN AIRには、ソファーのようなメランジ調のシート表皮を採用。汚れが目立ちにくく、いつもでみんなが心地よく過ごせる空間としています。

ホンダ公式HPより引用

汚れが目立ちにくいシート表皮というのはファミリー向けミニバンとして嬉しいポイントですね!

新型ステップワゴンSPADAのコックピット&内装シート

内装シートはブラックの1タイプのみです。

液体汚れ、油汚れが拭き取りやすくシミになりにくい素材のファブリック。

ホンダ公式HPより引用

FABTECT(撥水・撥油)というこちらも汚れが付きにくく、付いたとしても拭き取りやすい素材になっています。

コックピットはAIRより高級感を感じるね~

新型ステップワゴンSPADA PREMIUM LINEのコックピット&内装シート

こちらも内装シートはブラックの1タイプのみ。

しっとりとした質感の素材。上質な室内を演出するとともに、汚れやシワに強い機能性の高さも魅力です。

ホンダ公式HPより引用

さすがのSPADA PREMIUM LINE、プライムスムースという高級感+汚れやシワに強いシート表皮を使用しています。

スエード調表皮もミックスされてて、とっても高級感がある内装だね!

AIR ⇒ SPADA ⇒ SPADA PREMIUM LINE

という順で、分かりやすく高級感が増していくことが分かります(笑)

グレードによる内装装備の違い AIRとSPADA/SPADA PREMIUM LINEを比較

そしてグレードによる内装装備の違いですが、ここが一番のポイントになるでしょう。

ずばりAIRになくてSPADAにある魅力的な快適装備が5つあります。

1.パワーテールゲート(メモリー機能付)

背が低い人でも手が届く位置にピタっと止まるよう、開度を記憶できるパワーテールゲート。開閉操作はスマートキーまたはテールゲートのスイッチから。後方に障害物がある場合などでは、任意の位置に止めることもできます。

ホンダ公式HPより引用

先代モデルの「わくわくゲート」(縦にも横にも開くテールゲート)がなくなった今、このパワーテールゲート機能は是非とも欲しい機能ですね!

2.全列USBチャージャー

スマートフォンやタブレット、携帯ゲーム機などの充電が可能なUSBチャージャー(Type-C)を全列に装備。

ホンダ公式HPより引用

驚くくらい地味ですが、完全にこの時代ではあった方が便利な機能でしょ(笑)

3.トリプルゾーンコントロール・フルオートエアコンディショナー

運転席、助手席、後席の3つのゾーンそれぞれで、お好みの温度設定ができます。

ホンダ公式HPより引用

ファミリーカーとするなら、大人数を乗せることを想定するなら、絶対にエアコン調整は各ゾーンで行えた方が快適性はグッと高まります。

>>新型ステップワゴン全グレードの月々の支払額を確認する

4.運転席&助手席シートヒーター

寒さがきびしい冬の朝など、寒い日も座面を温めて心地よく過ごせるようシートヒーターを装備。エアコンパネルから操作でき、3段階の温度調節が可能です。

ホンダ公式HPより引用

こちらもあったら嬉しい快適装備、冬の味方「シートヒーター」です。

5. 2列目オットマン

シートと一体型のシームレスなオットマンを2列目キャプテンシートに設定しました。角度はお好みの位置に調整可能。

ホンダ公式HPより引用

そしてこちらなんとSPADAとSPADA PREMIUM LINEでは標準装備となる2列目のオットマン!

これが標準装備なんてかなり嬉しいでしょ~

これで後部座席の快適性が1段階上のレベルになること間違いなしです!

そうか~この5つの装備はAIRには付いてなくて、SPADAとSPADA PREMIUM LINEにしか付いてないんだもんね~

その通りです。これだけでSAPDA以上のグレードを選ぶ理由になってもおかしくはないでしょう!

グレードによるエクステリア(見た目)の違い

そして新型ステップワゴンはグレードによってエクステリア(見た目)も結構変わってきますのでチェックしておきましょう!

上がAIR/下がSPADA

フロントグリルの形状も違えば、SPADAの方はボディー下部を囲むメッキモール、テールゲートスポイラーが特徴的ですね。

AIRの方がシンプルでよりボックスシェイプな印象になっており、SPADAの方が力強くカッコいい印象といったところでしょう。

SPADA PREMIUM LINEはフロントグリルなどプラチナ調クロームメッキ加飾となっており、ホイールも17インチの専用デザインのものになります。

新型ステップワゴン SPADA PREMIUM LINE

AIRのシンプルなエクステリアデザインも良いね!

「四角い感じが商業車っぽくて嫌だ」なんて口コミも見かけましたが、当サイトではAIRの四角いボックス感はシャープに演出された素敵なデザインだと思いますね~

これでもしAIRにもSPADAの内装装備があれば余計に悩んでしまうこと間違いなし(笑)

>>新型ステップワゴン値引き最新情報!毎月の支払額を減らす方法まで紹介!

グレードによる安全性能の違い・比較

新型ステップワゴン

新型ステップワゴンでは、先進の安全運転支援システム「Honda SENSING」が全グレードに搭載。

しかしグレード毎にその内容には若干の差があります。

AIRに付いていない安全性能

  • ブラインドスポットインフォメーション
  • アダプティブドライビングビーム
  • フルLEDヘッドライト オートレベリング

SPADAに付いていない安全性能

  • アダプティブドライビングビーム
  • フルLEDヘッドライト オートレベリング
新型ステップワゴンブラインドスポットインフォメーション
ブラインドスポットインフォメーション

新型車ということを考えると、「ブラインドスポットインフォメーション」は付いていて欲しいなと思うところもありますね~

【SPADA】と【SPADA PREMIUM LINE】の違い

ちなみにSPADAにも付いてなくてSPADA PREMIUM LINEのみの設定で気になる装備をあげるなら、

  • 2列目シートヒーター↓↓↓
新型ステップワゴン2列目シートヒーター
  • マルチビューカメラシステム↓↓↓

このくらいでしょうか!

2列目シートヒーターまであったら最高ですね~

ちなみにマルチビューカメラシステムはAIRでもSPADAでもメーカーオプションでは装備することが出来ます。

結論!新型ステップワゴンのおすすめグレードはe:HEV SPADA!

ということで、色々なグレードの違いを見てみて、新型ステップワゴンのおすすめグレードはe:HEV SPADAということになります!

なんといってもやっぱり、装備面の充実と価格面のバランスが一番いいグレードなのではないでしょうか!

>>新型ステップワゴン全グレードの月々の支払額を確認する

価格を抑えるならガソリンのSPADAもおすすめ

新型ステップワゴン内装

もう少し価格を抑えたい!って人におすすめなのはガソリンモデルのSPADAです。

燃費面を見ると、

  • e:HEVモデルがWLTCモードで19.6~20.0km/L
  • ガソリンモデルがWLTCモードで13.7~13.9km/L

リッターで6km程の差。

ガソリンモデルとe:HEVモデルの価格差となる約40万円を回収するには、「何キロ乗って何リッター入れればお得になるのか」というお決まりの議論もありますからね(笑)

新型ステップワゴンの人気グレードは何!?口コミをチェック!

GoogleやYahoo!で【新型ステップワゴン おすすめグレード】と検索した結果やツイッター等のSNSの情報、口コミをチェックしてみると、SPADAも人気があるのですが、意外に多くの購入者がいるのはSPADA PREMIUM LINE!

特にオデッセイからの乗り換えで新型ステップワゴンのSPADA PREMIUM LINEを購入する流れの人が多い印象でした!

あとは価格を抑えることが出来るガソリンモデルも結構人気ですね!

  • 価格をと抑えるならガソリンモデル
  • バランスの良い売れ選グレードSPADA e:HEV
  • 予算あるならSPADA PREMIUM LINE

といったところでしょうか!

新型ステップワゴンの全グレード別見積もり結果!乗り出し価格と毎月の

>>新型ステップワゴン値引き最新情報!毎月の支払額を減らす方法まで紹介!

まとめ 実用性と満足度が高い e:HEV SPADAは毎月61,360円で乗れる

ということで、今回は新型ステップワゴンのおすすめグレードを紹介してきました!

おすすめグレードはe:HEV SPADAに決定!

>>新型ステップワゴン全グレードの月々の支払額を確認する

充実の内装装備は同乗者となる子供やお孫さん、お父さん、お母さん、お爺ちゃん、お婆ちゃん、みんなを満足させてくれるでしょう!

使い勝手もバッチリです^^

そして実際の購入場面では必ず現在のクルマの下取り(買い取り)金額を上げるという考え方を大切に!高い買い物なので、なるべくお得に購入したいですからね!

それでは、みなさんの素敵な新型ステップワゴンライフを願っております^^

>>新型ステップワゴン値引き最新情報!毎月の支払額を減らす方法まで紹介!

FAQ よくある質問

新型ステップワゴンのおすすめグレードは?

おすすめグレードはe:HEV SPADAで決まり!SPADAなのでエアロ系のエクステリアデザインにはなりますが、内装装備の充実具合や使い勝手、満足度を総合的に考えると間違いなしのグレードです。

新型ステップワゴンのガソリンモデルとe:EHVモデルの価格差は

ガソリンモデルとe:EHVモデルの価格差はだいたい40万円くらいになります。

新型ステップワゴンのグレードによる内装の違いは?

AIR⇒SPADA⇒SPADA PREMIUM LINEの順で高級感が増していきます。

新型ステップワゴンのグレードによる内装の違いは?AIRになくてSPADAにあるもの

AIRになくてSPADAにある主な装備は5つです。

  • パワーテールゲート(メモリー機能付)
  • 全列USBチャージャー
  • トリプルゾーンコントロール・フルオートエアコンディショナー
  • 運転席&助手席シートヒーター
  • 2列目オットマン

ステップワゴン【記事一覧】

スポンサーリンク
ASIA CARS 株式会社
第431080053623号 埼玉県公安委員会

\ 東京&埼玉エリアでの【高額】買い取り査定ならお任せください/

【監修】ASIA CARS 株式会社
ASIACARS株式会社では10年以上クルマ販売の最前線で培った知識を活かし、お客様に後悔のないクルマ選びを提案させて頂いています。お車の買取から、お客様のライフスタイルに沿ったクルマ選びのお力になれたら幸いです。
新型ステップワゴンおすすめグレード

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次