ホンダ新型プロローグ(SUV電気自動車)の日本発売はいつ!?価格やサイズ、航続距離はどのくらい?

当ページのリンクには広告が含まれています。
ホンダ新型プロローグ電気自動車SUV

皆さん、待ちに待ったニュースが舞い込んできました!ホンダから新型プロローグ(BEV:バッテリー電気自動車)が、ついに日本に登場か!?

ホンダのSUVからもいよいよ電気自動車が登場か~!
楽しみだ!

さあ、どんな驚きが待っているのか、ワクワクしますね。その発売日はいつになるのか、また価格や、一度の充電でどれだけ走れるのか、航続距離の秘密も大公開。この記事を読めば、あなたも「プロローグ」の魅力にきっと魅了されること間違いなしです!!

>>新型ランドクルーザーSe(BEV)電気自動車が登場!発売は2025年か!?

>>【評判は嘘!?】MOTA一括査定やってみた!口コミ・評判・レビューは本当か?検証します。

スポンサーリンク
目次

新型プロローグとは ホンダのSUV電気自動車

ホンダ新型プロローグ電気自動車SUV
  • 全長4877mm、全幅1989mm、全高1643mmのボディサイズ
  • 11.3インチコネクティビティディスプレイを搭載
  • 航続距離300マイル(約482km)以上を目指す

新しい時代の幕開けを象徴するかのようなホンダの新型「プロローグ」。そのスタイリッシュで機能的なデザインは、自動車愛好家の心を魅了します。

めちゃくちゃスタイリッシュだね!

全長4877mm、全幅1989mm、全高1643mmという大胆なボディサイズに加え、11.3インチの大型コネクティビティディスプレイが、その進化した内部を物語ります。さらに、アメリカ基準となる航続距離300マイル(約482km)以上を目指すことで、長距離ドライブも快適にこなせるでしょう。

まさに、新時代のSUVと言える逸品です!

共同開発 ホンダとGMのパートナーシップ

ホンダ新型プロローグ電気自動車SUV
  • ゼネラルモーターズ(GM)との共同開発
  • GMの「アルティウム」バッテリー搭載
  • モーターはシングルとデュアルの両仕様を設定

ホンダがゼネラルモーターズ(GM)と手を組み、共同開発した「プロローグ」は、その卓越した技術力が光る作品です。

ゼネラルモーターズと共同開発で北米市場で先駆けて発売されるってことか!

ホンダ新型プロローグは、GMの最先端「アルティウム」バッテリーを搭載し、優れた航続能力を実現。さらに、選べるモーター仕様は、シングルモーター(FWD)とデュアルモーター(AWD)を用意。ドライバーのニーズに応じた走行性能を提供します。

この二大自動車メーカーの融合により生まれた新型プロローグは、技術革新の象徴とも言えるでしょう!

デザインコンセプトは「ネオラギッド」スタイル

ホンダ新型プロローグ電気自動車SUV
  • ロー&ワイド、流麗なシルエットのエクステリア
  • シンプルかつ洗練されたインテリアデザイン
  • 水平基調のデザインで視認性を高める

「プロローグ」のデザインコンセプトは、「ネオラギッド」スタイル。ロー&ワイドな体形に、流麗なシルエットが特徴的なエクステリアデザインは、まるで動き出すかのような生命感を感じさせます。

かっこいいよね!?
俺は好きだな~

インテリアに目を向けると、そのシンプルかつ洗練されたデザインが目を引きます。

ホンダ新型プロローグ電気自動車SUV

水平基調のデザインが採用され、視認性の高い運転席を実現。機能美と快適性を兼ね備えたこのデザインは、長時間のドライブも快適な時間に変えてくれることでしょう。

ホンダ新型「プロローグ」、その魅力はまさに「未来への序章」。先進技術と洗練されたデザインが融合した、この新型SUVの登場は、自動車業界に新たな風を吹き込むことでしょう!

>>【新古車のメリットとデメリット】利口な人ほど新古車を買っている?

ホンダ「プロローグ」のテクニカル仕様について

ホンダ新型プロローグ電気自動車SUV

ボディサイズとエクステリアデザイン

  • 全長4877mm、全幅1989mm、全高1643mmの寸法
  • ロー&ワイド、流麗なシルエットのエクステリア
  • 「Honda」エンブレムを採用したリアデザイン

ホンダ「プロローグ」の外観は、その大きな寸法によって圧倒的な存在感を放ちます。全長4877mm、全幅1989mm、全高1643mmというサイズは、都市の風景に新たな印象を与えるでしょう。

日本だと大型SUVの部類だね!

ロー&ワイドな造形に流麗なシルエットを組み合わせたエクステリアデザインは、まさに未来を感じさせるスタイル。また、リアには「Honda」エンブレムを採用し、ホンダの新たな顔を世界に示しています。

インテリアとインフォテインメントシステム

ホンダ新型プロローグ電気自動車SUV
  • 水平基調のシンプルなインテリアデザイン
  • 11.3インチのタッチスクリーン搭載
  • 「Googleビルトイン」によるシームレスなコネクティビティ

「プロローグ」の内部は、洗練された水平基調のデザインで、落ち着いた雰囲気を醸し出しています。運転席は視認性を高めるために設計されており、運転中のストレスを軽減します。

中央には11.3インチの大型タッチスクリーンを配し、直感的な操作性を実現。さらに、「Googleビルトイン」を標準装備することで、GoogleアシスタントやGoogleマップなど、便利な機能を車内でシームレスに利用できます。

新型プロローグのパワートレインと性能

ホンダ新型プロローグ電気自動車SUV
  • シングルモーター(FWD)とデュアルモーター(AWD)の設定
  • 最大出力約288hp、最大トルク約333lb.-ft.のデュアルモーター
  • 85kWhのアルティウムバッテリー搭載、航続距離300マイル以上

パワートレインに関しては、「プロローグ」が特に優れている部分。選択肢としてシングルモーター(FWD)とデュアルモーター(AWD)を用意しており、ユーザーの走行スタイルに応じた性能を提供します。

特にデュアルモーターは、最大出力約288hp、最大トルク約333lb.-ft.を誇り、力強い加速と優れた走行性能を実現。85kWhのアルティウムバッテリーを搭載し、航続距離は300マイル以上という長距離も安心のスペックです。

ホンダ「プロローグ」は、そのテクニカルな仕様が示す通り、革新的なテクノロジーと独創的なデザインが融合した、次世代SUVの代表格。ドライバーに最高の運転体験を提供するための、あらゆる工夫が凝らされています!

あわせて読みたい
【評判は嘘!?】MOTA車買取り一括査定 実際にやってみた!口コミは本当か?検証します。 この記事では実際に私が一括査定を利用して、車を下取りしてもらったレビューを記していきたいと思います。(世に出回っているMOTA車買取査定の口コミ評判の検証記事で...

SUV電気自動車プロローグの航続距離と充電性能

ホンダ新型プロローグ電気自動車SUV

バッテリー仕様と航続距離

  • 85kWhのアルティウムバッテリー搭載
  • EPA基準で300マイル(約482km)以上の航続距離
  • 長距離移動も安心のパフォーマンス

ホンダ「プロローグ」の心臓部とも言える85kWhのアルティウムバッテリーは、長距離移動に対応する力強いサポートを提供します。EPA基準で300マイル(約482km)以上という航続距離は、長時間のドライブやアドベンチャーに最適。この信頼できるバッテリーパフォーマンスにより、より広い世界への冒険が可能になります。

充電オプションと急速充電機能

  • 150kW以上の高出力急速充電に対応
  • 約10分で65マイル(約104km)相当の充電可能
  • 多様な充電インフラに対応

「プロローグ」の充電オプションは、忙しい日常に合わせた柔軟性を備えています。150kW以上の高出力急速充電機能により、約10分で65マイル(約104km)相当の充電が可能です。この迅速な充電性能は、時間に追われるビジネスパーソンやアクティブなライフスタイルを持つ人々にとって、大きな利便性をもたらします。

ソフトウェアのアップデート可能性

  • OTA(Over The Air)技術によるアップデート
  • 常に最新の機能とサービスを提供
  • 車両性能の向上と新機能の追加

ホンダ「プロローグ」は、OTA(Over The Air)技術によりソフトウェアのアップデートが可能。これにより、常に最新の機能とサービスが車内で利用できるようになります。車両の性能向上や新機能の追加など、時間と共に進化し続ける「プロローグ」は、未来へ向かうあなたの強力なパートナーとなるでしょう。

ホンダ「プロローグ」の航続距離と充電性能は、長距離移動を快適にするだけでなく、日常生活の利便性を大きく向上させます。最新のソフトウェアアップデート機能も合わせ、未来指向の運転体験を実現します!

>>MOTA車買取りで査定してみたら驚きの結果に!?

ホンダ新型プロローグの日本市場における展開

ホンダ新型プロローグ電気自動車SUV

日本での発売時期はどうなる?

  • 北米では2024年前半の発売予定
  • 北米市場に続く日本展開
  • 日本市場への期待高まる

ホンダの新型「プロローグ」は、北米で2024年前半の発売が予定されています。北米市場に次ぐタイミングは、日本の自動車ファンにとって待ち遠しい瞬間。新世代EVの登場が、日本市場に新たな活気をもたらすことが期待されています。

日本市場における期待と戦略

  • 日本市場特有のニーズに対応
  • EV展開を加速させる戦略的モデル
  • ホンダのグローバル戦略の一環

日本市場における「プロローグ」の展開は、ホンダのグローバル戦略の重要な一環です。日本特有のニーズに対応するため、市場特性を熟知した展開が計画されているでしょう。

また、日本市場においてEV展開を加速させるための戦略的なモデルとして、大きな期待が寄せられています。ホンダは、この新型SUVを通じて、日本における電動化の波をリードすることを目指しています。

新型プロローグの価格とグレードオプション

ホンダ新型プロローグ電気自動車SUV

米国市場における価格設定

  • 「EXグレード」シングルモーター(2WD):約700万円(4万7400ドル)
  • 「Eliteグレード」デュアルモーター(AWD):約855万円(5万7900ドル)
  • 多様なニーズに応える価格設定

ホンダ「プロローグ」の米国市場での価格設定は、幅広いユーザー層をターゲットにしています。エントリーモデルの「EXグレード」シングルモーター(2WD)は約700万円(4万7400ドル)、高性能モデルの「Eliteグレード」デュアルモーター(AWD)は約855万円(5万7900ドル)となっています。この価格帯は、革新的な技術と快適性を求めるドライバーにとって魅力的なオプションを提供しています。

日本市場での価格予想

  • 米国価格を参考にした予想価格
  • 輸入車としてのプレミアム感を反映
  • 日本市場独自の税制とコストを考慮

日本市場における「プロローグ」の価格は、まだ正確な情報が公開されていませんが、米国市場の価格を参考に予想することができます。輸入車としてのプレミアム感や、日本市場独自の税制、輸送コストなどを考慮に入れた価格設定が期待されます。日本の消費者にとって魅力的かつ手が届きやすい価格設定が、市場の受容に大きく影響するでしょう。

利用可能なグレードとその特徴

  • 「EXグレード」と「Eliteグレード」の2種類
  • 各グレードにFWDとAWDの選択肢
  • 高性能モデルとスタンダードモデルのバランス

「プロローグ」は「EXグレード」と「Eliteグレード」という2つの主要なグレードが利用可能です。

これらのグレードにはそれぞれ、シングルモーターのFWD(前輪駆動)とデュアルモーターのAWD(四輪駆動)が選べるため、ドライビングスタイルや用途に合わせた選択が可能です。「EXグレード」は日常的な使用に適したスタンダードモデル、「Eliteグレード」はより高い性能と快適性を求めるユーザー向けです。

まとめ ホンダ新型プロローグから目が離せない!

ホンダ新型プロローグ電気自動車SUV

ホンダSUV電気自動車 新型プロローグの重要ポイント

  • 斬新なデザインと高性能なパワートレイン
  • 航続距離300マイル以上と優れた充電性能
  • 日米市場での戦略的展開

ホンダ「プロローグ」の最大の魅力は、その斬新なデザインと高性能なパワートレインにあります。航続距離300マイル以上という優れた充電性能も、長距離移動において大きな強み。日米市場での戦略的展開により、グローバルなブランド価値の向上が期待されます。

市場への影響と今後の展望

  • EV市場に新たな競争をもたらす
  • 電動化の進展に寄与
  • 環境対応と技術革新の促進

「プロローグ」の登場は、EV市場に新たな競争をもたらし、自動車業界の電動化の進展に大きく寄与すると期待されています。環境に優しい選択肢を提供し、技術革新を促進することで、持続可能な未来への道を切り開きます。

消費者へのメリットと期待

  • 高い運転快適性と操作性
  • 長距離移動のストレス軽減
  • 将来的な価値の向上

消費者にとって、「プロローグ」は高い運転快適性と操作性を提供します。長距離移動のストレスを軽減し、日常生活における利便性を高めることができます。また、技術的な進化による将来的な価値の向上も、大きなメリットとして期待されています。

ホンダ「プロローグ」は、その革新的な特徴と市場への影響力により、自動車業界における重要な存在となるでしょう。消費者にとっても、日々の生活を豊かにする新しい選択肢となることが期待されます。

日本での発売が待ち遠しいね!

あわせて読みたい
【車一括査定サイト!おすすめ3選】8社を徹底比較|車を高く売りたい人必見 自分の愛車を高く売りたいなら、絶対にNGなことは 何も考えずディーラーで下取りをお願いしてしまうこと どことも比較せず近所の買取店で売ってしまうこと この2つです...

>>【評判は嘘!?】MOTA一括査定やってみた!口コミ・評判・レビューは本当か?検証します。

スポンサーリンク

おすすめ記事一覧

ASIA CARS 株式会社
第431080053623号 埼玉県公安委員会

\ 東京&埼玉エリアでの【高額】買い取り査定ならお任せください/

【監修】ASIA CARS 株式会社
ASIACARS株式会社では10年以上クルマ販売の最前線で培った知識を活かし、お客様に後悔のないクルマ選びを提案させて頂いています。お車の買取から、お客様のライフスタイルに沿ったクルマ選びのお力になれたら幸いです。
ホンダ新型プロローグ電気自動車SUV

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次