新型トライトン!2024年2月15日にフルモデルチェンジで日本発売!価格・サイズ・内装・燃費まで見ていこうぜ!

当ページのリンクには広告が含まれています。
新型トライトン日本発売

皆さん、待望のニュースです!2024年2月15日、三菱自動車から約12年ぶりに日本市場に再導入される新型トライトンについて、今話題沸騰中のポイントをご紹介します。この1トンピックアップトラックは、力強いデザイン、優れたオフロード性能、そして最新の安全技術を備え、まさに「Power for Adventure」を体現しています。新型トライトンの魅力をぜひ深堀りしてみましょう。読み進めるほどに、その魅力にきっと引き込まれるはずですよ!

>>【評判は嘘!?】MOTA一括査定やってみた!口コミ・評判・レビューは本当か?検証します。

スポンサーリンク
目次

三菱新型トライトンの概要と特徴

新型トライトン
新型トライトン

新型トライトンの日本での発売日

  • 2024年2月15日発売
  • 日本市場への約12年ぶりの再導入
新型トライトン
新型トライトン


新型トライトンは2024年2月15日に日本で発売されます。これは、2012年の販売終了以来、約12年ぶりの日本市場への再導入となります。

やば!!かっこよすぎるだろ!!

この再導入は、ピックアップトラック市場のニーズの高まりと、三菱自動車のグローバル戦略の一環として注目されています。

>>【車一括査定サイト!タイプ別おすすめ3選】8社を徹底比較|車を高く売りたい人必見

車体・ボディサイズと車両重量

  • 全長5,305mm、全幅1,815mm、全高1,835mm
  • ホイールベース3,085mm
  • 車両重量約2,200kg
新型トライトン車体サイズ
新型トライトン車体サイズ


新型トライトンのボディサイズは、全長5,305mm、全幅1,815mm、全高1,835mmで、広々としたキャビンと荷台を提供します。

新型トライトン
新型トライトン

ホイールベースは3,085mmで、安定した走りを支えます。車両の重量は約2,200kgで、これにより力強いオフロード走行性能と安定した高速クルージングが可能です。

燃費と価格範囲

  • WLTCモード燃費: 11.3km/L(4WD)
  • 価格範囲: ¥4,980,800¥5,401,000 
新型トライトン車体サイズ
新型トライトン車体サイズ


新型トライトンの燃費性能は、WLTCモードで11.3km/L(4WD)となっています。これは、ディーゼルエンジンの高効率と組み合わせることで、日常の使用や長距離の運転においても経済性を提供します。

WLTCモードで11.3km/Lなら及第点以上でしょう!!

価格範囲は、¥4,980,800¥5,401,000 となっており、さまざまなニーズと予算に合わせた選択肢が用意されています。

日本仕様のグレード構成と価格帯

  • GSR:2.4Lディーゼルターボ|¥5,401,000 
  • GLS:2.4Lディーゼルターボ|¥4,980,800
新型トライトン価格
新型トライトン価格


新型トライトンは、そのスペックと価格設定により、高いコストパフォーマンスと多様なニーズに応える1トンピックアップトラックとして注目されています。

新型トライトンの発売背景

  • 1トンピックアップトラックの市場需要増加
  • 三菱自動車のグローバル戦略
  • 日本市場でのピックアップトラックの需要拡大
新型トライトン
新型トライトン


新型トライトンの発売は、1トンピックアップトラック市場の需要増加と、三菱自動車のグローバル展開戦略に基づいています。

トヨタのハイラックスも人気あるよね!

近年、日本を含む多くの国でピックアップトラックへの関心が高まっており、三菱自動車はこのトレンドを捉えて新型トライトンを開発しました。

>>新型ハイラックスがフルモデルチェンジして2023年夏に発売か!ハイラックスRevo BEVコンセプトとIMV 0コンセプトがヒントになる⁉

新型トライトンのコンセプト

  • 「Power for Adventure」をコンセプトに
  • 力強いデザインとオフロード性能
  • 多用途性と実用性を追求
新型トライトン
新型トライトン


新型トライトンは、「Power for Adventure」をコンセプトに設計されました。力強い外観デザインと優れたオフロード走行性能を兼ね備えており、アウトドア活動や仕事用途にも適しています。

好きな人にはたまらないですよね!!!!

実用性と多用途性に重点を置いたこのコンセプトは、幅広いユーザーにアピールする要素です。

新型トライトンのフルモデルチェンジと歴史

  • 約9年ぶりのフルモデルチェンジ
  • 三菱自動車の歴史と伝統を継承
  • 最新技術とデザインの導入
新型トライトン
新型トライトン


新型トライトンは、約9年ぶりのフルモデルチェンジを経て登場しました。三菱自動車の長い歴史と伝統を継承しながら、最新の自動車技術とデザイン言語が導入されています。

これにより、新型トライトンは現代の市場ニーズに合った、進化したピックアップトラックとなっています。
新型トライトンは、その力強いデザインと最新技術を搭載したことで、ピックアップトラック市場での新たな基準を設定しています。

>>【評判は嘘!?】MOTA一括査定やってみた!口コミ・評判・レビューは本当か?検証します。

新型トライトンの外観デザインの特徴と変更点

フロントマスクのデザイン特徴

  • ダイナミックシールドデザインの採用
  • LEDヘッドライトとデイタイムランニングライト
  • 六角形のグリルとメッキ加飾
新型トライトン
新型トライトン


新型トライトンのフロントマスクは、三菱自動車の象徴的なデザイン言語「ダイナミックシールド」を採用しています。これにより、力強く、洗練された印象を与えます。LEDヘッドライトとLEDデイタイムランニングライトが組み合わされており、優れた照明性能と高い視認性を実現しています。六角形のグリルとメッキ加飾が、車両のフロント部分に高級感をもたらしています。

リアデザインとスタイリング

  • 水平基調のリアデザイン
  • LEDテールランプの標準装備
  • 大型バンパーガードとサイドステップ
新型トライトン
新型トライトン


新型トライトンのリアデザインは、水平基調を採用しており、安定感とワイド感を演出しています。LEDテールランプが標準装備され、スタイリッシュな外観と高い視認性を提供します。また、大型のバンパーガードとサイドステップが装備されており、オフロード走行時の安全性と便利さを考慮した設計となっています。

デザイン言語「ダイナミックシールド」の採用

  • 三菱自動車の最新デザイン言語
  • 力強さと安全性を両立するデザイン
  • フロントからリアまでの一貫したデザインコンセプト
新型アウトランダーPHEV
新型アウトランダーPHEV


「ダイナミックシールド」は三菱自動車の最新のデザイン言語で、新型トライトンにおいても採用されています。このデザインは、力強さと安全性を視覚的に表現することに重点を置いています。

新型トライトン
新型トライトン

フロントマスクからリアデザインに至るまで、一貫したデザインコンセプトが車両全体に適用されており、新型トライトンの特徴的な外観を形成しています。

アウトランダーPHEVやエクリプスクロスもダイナミックシールドってことか!!


新型トライトンの外観デザインは、三菱自動車の伝統と最新のデザイン言語を融合させたものであり、力強さと洗練さを兼ね備えています。

新型トライトンのタイヤサイズ!265/60R18タイヤ+18インチアルミホイール

  • 265/60R18タイヤ+18インチアルミホイール(ブラック)
  • 265/60R18タイヤ+18インチアルミホイール(グレーメタリック)
新型トライトンタイヤサイズ
新型トライトンタイヤサイズ

タイヤもかっこいいですね!アルミホイールはグレードによってブラックとグレーメタリックに違いがあります!

>>【新古車のメリットとデメリット】利口な人ほど新古車(未使用車)を買っている?

新型トライトンの内装デザインと機能性

インテリアのデザインと空間構成

  • 上質感ある水平基調デザイン
  • 広々としたキャビン空間
  • 使いやすさを考慮した配置
新型トライトン内装
新型トライトン内装


新型トライトンのインテリアは、上質感ある水平基調のデザインを採用しています。このデザインは、広々とした空間感と洗練された印象を提供します。

エクステリアデザインから想像できないほど、高級感もあるね

キャビン内は広々としており、長時間の運転でも快適です。また、各種スイッチやコントロールは運転席周りに集中配置されており、使いやすさを考慮した設計となっています。

インフォテインメントシステムとディスプレイ

  • 大型タッチスクリーン式ディスプレイ
  • 最新の車載インフォテインメントシステム
  • スマートフォンとの連携機能
新型トライトン内装
新型トライトン内装


新型トライトンは、大型のタッチスクリーン式ディスプレイを搭載し、最新の車載インフォテインメントシステムを提供します。このシステムは、ナビゲーション、オーディオ、車両情報などを直感的に操作できます。

文句なしでしょう!!

また、スマートフォンとの連携機能も備えており、Apple CarPlayやAndroid Autoに対応しています。これにより、ドライバーは音楽の再生やナビゲーションの使用などを、よりスムーズに行うことができます。

シートの種類と快適装備

  • ファブリックシートとレザーシートの選択
  • シートヒーターやベンチレーション装備
  • 快適な長距離運転をサポート
新型トライトングレードGSR
新型トライトングレードGSR
新型トライトングレードGLS
新型トライトングレードGLS


新型トライトンのシートは、ファブリックシートとレザーシートの両方が用意されています。これにより、ユーザーは自分の好みや用途に合わせて選択することができます。

内装装備もいいんじゃない!?

上位グレードでは、シートヒーターやベンチレーションなどの快適装備も備えられており、長時間の運転や厳しい気候条件下でも快適なドライビングをサポートします。
新型トライトンの内装デザインと機能性は、使い勝手と快適さのバランスを考慮したもので、ドライバーと乗員に快適な車内環境を提供します。

新型トライトンの後部座席は広いぜ!

  • 後部座席にはサーキュレーターを標準装備
  • 後部座席の乗り心地もGOOD
新型トライトン内装後部座席
新型トライトン内装後部座席

後部座席の座り心地は、ハイラックスよりも良く、アウトランダーPHEVと同等ともえます。

ピックアップトラックで後部座席の快適性があるのは嬉しいよね!

>>【評判は嘘!?】MOTA一括査定やってみた!口コミ・評判・レビューは本当か?検証します。

新型トライトンのエンジン性能とパワートレイン

2.4L直列4気筒ディーゼルターボエンジンの性能

  • 最高出力181ps
  • 最大トルク430Nm
  • 力強い走りと燃費効率のバランス
新型トライトン
新型トライトン


新型トライトンに搭載されている2.4L直列4気筒ディーゼルターボエンジンは、最高出力181psと最大トルク430Nmを発揮します。

2ステージターボチャージャーを搭載した新型ディーゼルエンジンは、最高出力150kW、最大トルク470N・mを発揮。パワフルな加速フィーリングと、低中速からレスポンス良く立ち上がる豊かなトルクを実現しています。また、エンジンフリクションの低減によりCO2の排出も低減します。
加えて「尿素SCRシステム」を採用。尿素水溶液である「AdBlue®」を使って ディーゼルエンジンが排出する窒素酸化物(NOx)を浄化するこのシステムにより、 低燃費と高出力を両立し、クリーンな排出ガスを実現します。

新型トライトンパワートレイン

このエンジンは、力強い走りと燃費効率のバランスを実現しており、オフロードや荷物の多い走行でも安定したパフォーマンスを提供します。また、ディーゼルエンジン特有の低回転域での高トルクは、トレーラーの牽引や重い荷物の運搬にも適しています。

トランスミッションの種類と特性|6速MTは日本での発売日は未定

  • 6速ATと6速MTの選択肢
  • 滑らかで応答性の高い運転体験
  • 運転状況に合わせた適切なギア選択


新型トライトンは、6速オートマチックトランスミッション(AT)と6速マニュアルトランスミッション(MT)の2種類をラインナップしています。6速ATは、滑らかなギア変更と応答性の高い運転体験を提供し、都市部での運転や長距離ドライブに適しています。

MTは日本での発売はまだ未定だね!!

一方、6速MTは、よりアクティブな運転を好むユーザーに適しており、ドライバーが運転状況に合わせて直接ギアを選択できる利点があります。
新型トライトンのエンジン性能とパワートレインは、力強い走りと実用性を両立させており、さまざまな運転環境での優れたパフォーマンスを実現します。

新型トライトンのオフロード性能と4WDシステム

サスペンションと悪路走行性能

  • ダブルウィッシュボーン式フロントサスペンション
  • リジッドアクスル式リアサスペンション
  • 悪路走行に適したセッティング
新型トライトンサスペンション
新型トライトンサスペンション


新型トライトンは、オフロード走行に最適化されたサスペンションシステムを備えています。フロントにはダブルウィッシュボーン式サスペンションが、リアにはリジッドアクスル式サスペンションが採用されています。

フロントはダブルウィッシュボーン式、リヤはリーフスプリング式を採用したサスペンションを熟成させ、さらに優れた走行性能と快適性を実現しています。

新型トライトンサスペンション

この組み合わせにより、悪路での走行性能が大幅に向上しており、凹凸の多い道路やオフロードでも安定した走りを実現します。サスペンションのセッティングは、荷物の積載や牽引を考慮して、高い耐久性と快適性を提供します。

「スーパーセレクト4WD-II」システムの特徴

  • 2WD、4WD、4WDロックの3つのモード
  • ローレンジギアの搭載
  • 多様な運転条件への適応性
新型トライトンスーパーセレクト4WD-Ⅱ
新型トライトンスーパーセレクト4WD-Ⅱ


新型トライトンに搭載されている「スーパーセレクト4WD-II」システムは、2WD、4WD、4WDロックの3つのモードを切り替えることができます。このシステムにより、道路状況や走行条件に応じて最適な駆動方式を選択することが可能です。

本格クロカンのトラクションと乗用車のハンドリングを両立する三菱自動車独自の4WDシステム。濡れた路面でも優れた安定性を発揮する4H(フルタイム4WD)や深雪路、砂地、泥ねい地で駆動力を路面に伝える4HLcなど4つのモードを大型のダイヤルで直感的に選択できます。

新型トライトンスーパーセレクト4WD-Ⅱ

さらに、ローレンジギアも備えており、より厳しいオフロード条件下でも高い走行性能を発揮します。この多様な運転条件への適応性は、新型トライトンの大きな魅力の一つです。

新型トライトンスーパーセレクト4WD-Ⅱ
新型トライトンスーパーセレクト4WD-Ⅱ


新型トライトンのオフロード性能と4WDシステムは、あらゆる地形と条件に対応する能力を持ち、アウトドア活動やプロフェッショナルな用途にも対応する柔軟性と強靱さを兼ね備えています。

新型トライトンの安全装備と予防安全技術

標準装備の安全技術と機能

  • オートハイビームと後退時自動ブレーキ
  • 誤発進抑制機能
  • ふらつき警報と先行車発進お知らせ機能
新型トライトン安全性能
新型トライトン安全性能


新型トライトンは、最新の安全技術が標準装備されています。オートハイビームは、夜間運転時に対向車の存在を検知して自動でハイビームをオフにし、安全な運転を支援します。後退時自動ブレーキは、バック時の衝突リスクを軽減します。

新型トライトン安全性能
新型トライトン安全性能

誤発進抑制機能は、前方や後方の障害物を検知して自動的にブレーキをかけることで、事故のリスクを低減します。また、ふらつき警報は運転者の不注意による車線逸脱を防ぎ、先行車発進お知らせ機能は前の車の発進をドライバーに知らせることで、注意散漫による遅れを防止します。

衝突被害軽減ブレーキと車線逸脱警報

  • 前方車両、歩行者、自転車検知機能
  • 車線逸脱警報機能
  • 車線維持支援機能
新型トライトン安全性能
新型トライトン安全性能


衝突被害軽減ブレーキシステムは、前方の車両、歩行者、自転車を検知して、衝突の可能性がある場合に警告を発し、必要に応じて自動的にブレーキをかけます。

新型トライトン安全性能
新型トライトン安全性能

これにより、特に市街地での安全運転が強化されます。車線逸脱警報機能は、車線を逸脱しそうになった際にドライバーに警告を与え、車線維持支援機能は、ステアリング操作を通じて車両を車線内に保つのを助けます。

新型トライトン安全性能
新型トライトン安全性能


新型トライトンの安全装備と予防安全技術は、ドライバーと乗員の安全を最優先に考えたもので、日常の運転から厳しいオフロード環境まで、さまざまな状況で安全性を高めています。

三菱新型トライトンの魅力と特徴のまとめ

  • 2024年2月15日に日本発売、約12年ぶりの再導入
  • 力強い外観デザイン、ダイナミックシールド採用
  • 上質なインテリアと最新インフォテインメントシステム
  • 2.4Lディーゼルターボエンジン、181psの出力
  • 優れたオフロード性能と4WDシステム
  • 先進の安全技術と予防安全システム搭載
  • 価格範囲: ¥4,980,800¥5,401,000


三菱新型トライトンは、2024年2月15日に日本市場に約12年ぶりに再導入される1トンピックアップトラックです。力強い外観は、三菱の最新デザイン言語「ダイナミックシールド」を採用し、洗練された印象を与えます。内装は上質で、最新のインフォテインメントシステムを搭載。2.4Lのディーゼルターボエンジンは、181psの高出力を実現し、日常からオフロードまで幅広いシーンに対応します。4WDシステム「スーパーセレクト4WD-II」により、様々な路面状況に柔軟に対応。安全面では、衝突被害軽減ブレーキや車線逸脱警報などの最先端安全技術が標準装備されています。価格は498万円から580万円と、高いコストパフォーマンスを提供します。

この新型トライトンは、力強いデザイン、多機能性、安全性を兼ね備え、日本の市場でも大きな注目を集めることでしょう。個人的には、そのオフロード性能と先進的な安全装備が特に印象的で、アウトドア愛好家からビジネスユーザーまで幅広い層に支持されることが期待されます。

>>【評判は嘘!?】MOTA一括査定やってみた!口コミ・評判・レビューは本当か?検証します。

スポンサーリンク

おすすめ記事一覧

ASIA CARS 株式会社
第431080053623号 埼玉県公安委員会

\ 東京&埼玉エリアでの【高額】買い取り査定ならお任せください/

【監修】ASIA CARS 株式会社
ASIACARS株式会社では10年以上クルマ販売の最前線で培った知識を活かし、お客様に後悔のないクルマ選びを提案させて頂いています。お車の買取から、お客様のライフスタイルに沿ったクルマ選びのお力になれたら幸いです。
新型トライトン日本発売

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次